笛吹中央病院
交通アクセス  リンク  お問い合わせ  プライバシーポリシー   
病院概要 外来案内 入院案内 部門紹介 職員募集
ホーム
薬剤部
 薬学生インターンシップ
病院薬剤師と一緒に、病棟業務や各カンファレンスへの参加、各種業務を経験することができます。経験したい内容を中心に行うことや、日程・時間についても調節可能です。
お気軽にお問い合わせ下さい。

担当:薬剤部 加藤
TEL:055-262-2185(代)
MAIL:yakuzai-h@fch.or.jp
 <<薬剤部業務>>
1.調剤業務
入院患者さんを対象とした内服・注射の調剤を行います。処方された薬について、用法用量・適応・相互作用など、しっかりと確認して調剤を行います。院内製剤の調整も行います。
2.病棟業務
服薬指導、薬歴管理、副作用のモニタリングなど入院患者さんが安心して薬物治療を受けられるように努めています。また適切な薬物治療に貢献できるよう医師、看護師などの他職種とも協力して業務を行っています。現在、病棟業務を中心に考え、業務を拡大中です。
3.混注業務
衛生面、安全面の点からTPNや抗癌剤の混注は薬局で行っています。
4.DI業務
薬剤の適正使用のために医薬品情報を収集し、現場に活かせるよう情報提供を行います。また副作用情報の収集についても行い、安全な薬物療法に貢献しています。月1回のDIサービスでの院内への情報提供や薬に関する勉強会を実施しています。
5.薬品管理
薬品管理では、院内の薬品の保管状況、有効期限、適正な在庫を管理しています。医薬品の購入から供給について、診療面及び経済面も考慮して管理しています。
6.TDM(薬物血中濃度モニタリング(解析))
投与された薬物の血液中濃度をもとに、投与量や投与スケジュールの解析を行い、医師と相談し、有効血中濃度の維持や副作用回避のためのサポートを行っています。
7.チーム医療への参画
医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、臨床検査技師、 放射線技師、リハビリテーション科などの多職種により構成され、それぞれのチームの目的に応じた活動を行っています。
① 栄養サポートチーム(Nutrition Support Team(以下;NST))
患者さんの疾患・病態によって、必要とする栄養量や栄養素、接種経路などが異なります。
NSTは、個々にあった適切な栄養管理(栄養サポート)を行うチームです。現在、週1回チームカンファレンス及び回診を行い、薬剤師の立場としての提案や話し合いを進めています。周術期、病後の回復・離床促進、褥瘡発生予防などを目的とし、 主治医への提案やコメディカルへの依頼等を行っています。
② 感染制御チーム(Infection Control Team:ICT)への参加
患者さんの病気や状態にあわせた抗生剤の選択、用法用量の検討、 環境消毒のアドバイスなどを通して感染制御への介入を行っています。また定期的なラウンドを行い、常に良好な衛生環境が保たれているかチェックするとともに、全職員を対象とした勉強会を開催し病院職員に感染対策への教育を行い、患者さんにより良い衛生環境で過ごしていただくための活動を行っています。
8.その他
現在、認定取得を目指す薬剤師が多数おり、研修会参加、症例検討など積み重ねています。認定取得に向けたバックアップ体制も充実しています。自己研鑽を継続し、最適な医療の提供に努めています。

  [ 現部員の認定資格取得状況 ]
■ 認定長期実務実習指導薬剤師
■ 日本病院薬剤師会生涯研修認定薬剤師
このページのトップへ