笛吹中央病院
交通アクセス  リンク  お問い合わせ  プライバシーポリシー   
病院概要 外来案内 入院案内 部門紹介 職員募集
ホーム
検査科
臨床検査は、患者から採取した血液や尿、便、細胞などを調べる「検体検査」と、心電や脳波など患者を直接調べる「生理機能検査」の2つに大きく分けられます。
臨床検査技師は医師の指示のもと検体検査や生理機能検査を実施し、得られた検査情報を正確に分析、 評価し報告しています。
臨床検査は、病気の診断・治療・健康診断等に役立てられています。
 検体検査
多くの分野があり、血液や尿など体の一部から採取した検体を各種分析装置で分析したり、顕微鏡を使用し、細胞の観察・分類・細菌の有無などを調べています。
生化学検査 脂質、 肝機能、 腎機能、 糖代謝など
免疫学的検査 腫瘍マーカー、感染症など
血液学的検査 貧血、 白血球、 凝固機能など
輸血検査 交差適合試験、 不規則抗体、 血液型など
一般検査 尿蛋白、尿糖、 尿潜血、 便潜血など
迅速検査 ノロウイルス、インフルエンザ、A群溶連菌、マイコプラズマ抗原、レジオネラ抗原、 肺炎球菌、 ヒトメタニューウイルス抗原など
院内て検査できない特殊検査などは、外部の検査センターと連携し、幅広い検査に対応できるよう努めています。
 生理検査
超音波検査(腹部・心臓など)、心電図検査、ホルター心電図検査、血圧脈波(ABI)、脳波、神経伝導検査、聴力検査、肺機能検査、呼気一酸化窒素濃度検査など
このページのトップへ