笛吹中央病院
交通アクセス  リンク  お問い合わせ  プライバシーポリシー   
病院概要 外来案内 入院案内 部門紹介 職員募集
ホーム
検査科
 臨床検査技師とは病状に応じ、血液、尿等から得られる情報を正確に把握し、医師にその情報を提供することにより、確実に疾患を捉え、その治療および治療経過に役立てるものです。
 現在7名の臨床検査技師(女性6名、男性1名)が勤務しています。 検査の対象となるものは、その病気や症状などによって多種多様です。血液、尿、便、痰などの検査の他、心電図、脳波、肺機能、エコーなどの検査も私たちの仕事です。
 一般検査/血液検査
 一般検査では、主に尿と便の検査を行っています。尿の色、量、尿から検出される糖・蛋白などの検査や便中の血液を検出する大腸がんの検査などを行っています。
 血液検査では、血液中の細胞<赤血球・白血球・血小板>数を検査したり、特殊な染色法を用いてその細胞の形態異常等を検査します。血液中の細胞を顕微鏡で形態観察することで、白血病の診断や経過観察がおこなえます。顕微鏡による観察は検査技師の目が重要です。
 血清検査/生化学検査
 血清検査では、主に感染症の検査をします。血清とは血液中の血球部分を除いた液体部分を言います。この液体部分には菌やウイルスから体を守るための様々な成分が含まれています。今かかっている病気だけでなく、治ってしまった過去の病気もわかったりします。
 生化学検査では、血液から体内の臓器(心臓、肝臓、腎臓など)の状態を示すバロメーターとなる酵素や電解質のどの検査を行っています。アルコールの採り過ぎ、脂っこいものの食べ過ぎ、、、。あなたのライフスタイルがすぐに分かります。
 緊急検査/輸血検査
 緊急検査では、手術や救急車で運ばれてきた急患等の迅速検査を行います。検査の項目は他の検査と一部重複しますが、数多く存在する検査項目の中で、至急の必要性がある検査項目を検査します。
 輸血検査では、血液センターから送られてきた血液の管理と、輸血の際に患者様の血液との相性のようなものを検査します。血液型には一般的なABO式以外にもたくさんあり、ABO式が同じでも輸血前にちゃんと問題がないか相性を調べておく必要があるのです。
 生理検査
 生理検査では、心電図・脳波・呼吸機能・心エコー・腹部エコー等々たくさんの検査があります。心電図と一言に言っても、安静時心電図、運動負荷心電図、ホルター心電図(24時間心電図)といろいろあります。エコーとはTVドラマ等で、産婦人科の先生が妊婦さんに「ほうら、元気に動いていますよ」と言って見せてくれる白黒の映像です。
このページのトップへ