生活習慣予防健診
(協会けんぽの方)

全国健康保険協会 健康診断

全国健康保険協会には生活習慣予防健診という制度があり、 当院は全国健康保険協会の健診実施指定機関となっております。 今後の生活習慣病の増加を防げるように早期発見を目的とした健康診断となります。

  • 生活習慣予防健診の補助対象者について

    1. 協会けんぽの被保険者(ご本人)
    2. 35歳~74歳の方(75歳の誕生日前日まで)
  • 生活習慣予防健診(一般)を受ける条件で補助を受けられる健診の種類

    対象年齢 健診の種類
    40歳と50歳の被保険者 付加健診
    40歳~74歳の偶数年齢女性で被保険者の方 乳がん・子宮頸がん検診
    35歳~74歳の被保険者の方(過去に受診した方を除く) 肝炎ウィルス検査

生活習慣予防健診(一般)

  • 対象者:35歳~74歳の被保険者の方(75歳の誕生日前日まで)
  • 本人負担金:7,169円(税込)(協会負担額11,696円)
生活習慣予防健診(一般) 検査内容
内科診察 診察(既往歴・他覚・自覚症状の有無)、問診
身体計測 身長、体重、腹囲、肥満度、BMI
循環器系 血圧側定、脈拍、心電図(EKD)(12誘導)
聴力 1000Hz、4000Hz(オージオメーター)
眼検査 視力
呼吸器検査 胸部X線検査(直接)
消化管検査
(食道・胃・十二指腸)
上部消化管X線検査(バリウム検査か内視鏡検査)
※内視鏡検査は【経口または鼻】選択可能
肝機能検査 GOT(AST),GPT(ALT),γ-GTP,アルカリフォスターゼ(ALP)
脂質検査 総コレステロール(T-Cho),中性脂肪(TG)、HDLコレステロール、LDLコレステロール
腎機能検査 クレアチニン(CRE)、eGFR
痛風検査 尿酸(UA)
代謝(糖尿病) 空腹時血糖(FBS)
血液検査 白血球(WBC)、赤血球(RBC)、ヘモグロビン、ヘマトクリット
尿検査 蛋白、糖、潜血
大腸がん検査 便潜血(2回法)

付加健診 ※生活習慣予防健診(一般)に追加して受診する健診

  • 対象者:40歳と50歳の被保険者の方
  • 本人負担金:4,802円(税込)(協会負担額4,801円)
    生活習慣予防健診(一般) + 付加健診の自己負担額 11,971円
付加健診 検査内容
眼検査 眼底検査
呼吸器検査 肺機能検査
超音波検査 腹部(肝臓・胆のう・腎臓・ひ臓・膵臓)
生化学的検査 総蛋白(TP)、総ビリルビン(T-ビリルビン)、アミラーゼ、アルブミン(ALB)、LDH
血液検査 血小板数
抹消血液像
尿検査 尿沈査顕微鏡検査

乳がん・子宮頸がん検診 ※生活習慣予防健診(一般)に追加して受診する健診

  • 【乳がん検診】
    対象者:40歳〜74歳の偶数年齢女性で被保険者の方
    本人負担金:40歳~48歳 1,686円(税込)(協会負担額3,935円)
          50歳~74歳 1,086円(税込)(協会負担額2,533円)
    検査内容:問診、乳房エックス線検査(マンモグラフィー)
  • 【子宮頸がん検診】
    対象者:20歳〜38歳の偶数年齢女性で被保険者の方
    本人負担金:1,039円(税込)(協会負担額 2,424円)
    検査内容:問診、細胞診

肝炎ウイルス検査 ※生活習慣予防健診(一般)に追加して受診する健診

  • 対象者:35歳~74歳の被保険者の方(75歳の誕生日前日まで)
  • 本人負担金:624円(税込)(協会負担額1,455円)
  • 検査内容:HCV抗体検査、HBs抗原検査

人間ドックにも協会けんぽの補助が使用できます。

  • 人間ドック(協会補助使用した場合)
    本人負担金:24,970円(税込)
    (人間ドック 36,666円 - 協会補助金 11,696円)
    ※コース内容詳細につきましては、人間ドックのページをご参照ください。

補助対象外の人について

35歳未満の方は協会けんぽから検査費用の補助はありません。
対象外で健診を受けたい場合は労働安全衛生法に基づく定期健診を受けてください。

オプション検査

希望の検査が追加で受けられます。
詳しくはこちらをご覧ください。