特定健康診査

特定健康診査のご案内

特定健康診査とは、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した健診で、平成20年より40歳から74歳のすべての被保険者・被扶養者を対象に「特定健診・特定保健指導」が実施されます。

日本人の生活習慣の変化等により、近年、糖尿病等の生活習慣病の有病者・予備群が増加しており、それを原因とする死亡は、全体の約3分の1にものぼると推計されています。健康診断にて早期発見・早期治療をおすすめ致します。

特定健康診査

  • 本人負担金:各健康保険組合にお問い合わせ
特定健康診査 検査内容
内科診察 診察(既往歴・他覚・自覚症状の有無)
身体所見・計測 問診、身長、体重、腹囲、BMI
循環器系
※1(心電図のみ)
血圧側定、心電図(12誘導)
眼検査(※1) 眼底検査
肝機能検査 GOT(AST)、GPT(ALT)、γ-GTP
腎機能検査(※1) クレアチニン(CRE)
尿検査 蛋白、糖
脂質検査 中性脂肪(TG)、HDLコレステロール、LDLコレステロール
代謝(糖尿病) 空腹時血糖
血液検査(※1) 白血球(WBC)、赤血球(RBC)、ヘモグロビン、ヘマトクリット

(※1)医師が必要と判断した場合に、貧血検査、眼底検査、心電図検査、血清クレアチニンを受けます。

特定健康診査受診券について
各健康保険組合から受診券が発行されます。ご不明の点がございましたら、加入健康保険組合にお問い合わせください。

特定健康診査の結果にて対象となった方は、特定保健指導を受けます。
特定保健指導についてはこちらを参照ください。

オプション検査

希望の検査が追加で受けられます。
詳しくはこちらをご覧ください。