各種がん検診

日本のがんによる死亡者数は年間30万人を超え、死亡原因の第1位となっております。
がん検診は、早期発見し適切な治療を行うことでがんによる死亡を減少させることが目的です。無症状なうちにがんを発見し早期に治療開始することで、がんによる死亡のリスクを軽減することができます。
各種料金につきましてはお問い合わせくださいます様、お願い致します。

胃がん検診

胃の検査方法として一般的なものは、「胃部エックス線検査」、「胃内視鏡検査(経口及び鼻口)」、「ABC検査」、「ヘリコバクターピロリ抗体検査」です。
この中で胃がん検診の方法として、「胃部エックス線検査」および「胃内視鏡検査」が一般的です。

大腸がん検診

大腸がん検診の方法は「便潜血検査」、「全大腸内視鏡検査」となります。

肺がん結核検診

肺がんの検診方法は「胸部エックス線検査」と「喀痰細胞診(かくたんさいぼうしん)」「胸部CT検査」を組み合わせた方法があります。

乳がん検診

乳がん検診の方法として、「マンモグラフィ」「乳房超音波検査」「視触診」等による検診となります。

肝臓がん検診

肝臓がん検診の方法は「超音波検査」となります。

オプション検査

希望の検査が追加で受けられます。
詳しくはこちらをご覧ください。